現在 Oxford 留学中。


by naomichi_desuyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イギリス競馬へ♪

  
c0062582_1982344.jpg



  イギリスと聞いて、サッカー・テニス・ゴルフの他に、

  競馬 を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか!?

  英国では競馬はひとつの スポーツ なのです。


  ってことで先日、有名なレースの一つ 「2000ギニー」 に行ってきました♪

  ここニューマーケットにくるのは2回目で、

  前回はチャンピオンステークスというGⅠレースを見にきた以来です。



  それにしてもこの競馬場、 遠いっっっ !!

  オックスフォードからバスで 3時間半 かけてケンブリッジへ。

  そこから更に 30分 バスに乗ってようやく到着しました。

  まあ、いろいろ旅行していると、

  バスで 10時間 かけて行くこともあるわけで、

  それに比べたらまだ近かった・・・かな (-。-;)



  いや、遠いだけじゃないっっ!


c0062582_1984447.jpg


  ・・・すごい 人 なのです!!

  ドレスやスーツを着ている人も多く、

  ちょっと 「英国」 という感じがしました(笑)

  ひろ~~~~~い草原にが駐車場代わりで、

  たくさんの車がずら~~~っと順番待ちをしている姿が笑えました。

  リムジンもたくさんいるし、なかにはヘリコプターまで。

  いったいどれくらいの人が会場にいたのだろか。

  日本でも何万人という観客がレースを見にくることもあるそうですがっっっ★



  いや、人が多いだけじゃないっっ!


c0062582_19977.jpg


  ・・・チケットが 高い んですっっっ!!

  入場するだけで 18 ポンド (3600円) ってどういうことよっっ!!

  もし当日券を買ってたら20ポンド (4000円) だべさ。。。

  日本なんか、日本なんか、100円 なのにっっ!! (地元の地方競馬場)

  それでもこれだけの人が入ってるのだからすごい。



  え、レースはどうだったかだって!?


c0062582_199379.jpg


  15ポンド負けましたよっっっ!!

  £15 (馬券) + £18 (入場料) + £8 (バス代) = £41

  8188 円 の赤字ですっっっ!!

  楽しかったからよいですけどね♪


  ちなみに最初のレースは大当たりで、30ポンド (6000円) ほど勝ったのですが、

  あとからのまれてしまいました。


  きれいな馬たちが芝生の上を走っている姿、

  どこか感動を覚えるくらいです (>_<)



  紳士 のスポーツと言われる英国競馬。

  一度訪れてみてはいかがでしょうか ・・・ お金かかるけどっっ!!
[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-05-06 19:14 | 観光

教会で酔っ払い♪

  
  c0062582_19262383.jpg
















  昨日の夜はみんなで映画を見てきました♪

  行った映画館は、街の中にある小さな小さなところ。

  こじんまりしていて、とても雰囲気がよかった。

  先週も行ったんだけど、

  そのときは映写機が 故障 してて・・・。

  でも今回は大丈夫だった(笑)


  この ” Edukator ” はドイツの映画なんだけど、内容は、

  お金持ちの家に忍び込み、

  家中の家具を自分達なりにアレンジした後、何も盗らずに帰って行く!

  っという奇妙な3人の若者の話。

  あるメッセージを裕福なものたちに伝えるために・・・。


  でもあるとき、家の持ち主に見つかってしまって、

  どうしたらいいかわからないまま、

  彼をさらって山奥に行っちゃうんよ。ようするに 誘拐犯 に変身したわけ(笑)


  そこで世の中の理不尽さ、不公平さを話し、

  また変な信頼(?)関係ができてしまったり。

  恋 なんかも彼らを惑わせちゃったりして★


  最初はな~んてことないただのシリアスな映画なんかなって思ってたけど、

  途中からどんどん話が面白くなっていって、

  ユーモアがところどころに見られる映画でした。面白かった。


  言葉はもちろんドイツ語だから、英語の字幕つき♪

  でもね、悔しいんよね。



  文化の違いからなのかな? それとも僕の英語が未熟だから?


  何が辛いって、一緒 のところで 笑えない のが痛いっっっ!!


  みんなと同じところで笑えないのっっっ!!


  みんな 爆笑 してるのに、僕一人だけ ぽか~ん っっって!!




  映画を見終わったあとに、教会を改造して作られたパブに行ったんだけど、

  一緒に笑えないとイヤだから、ビールあおりまくって 酔っ払って やった。

  そうなると何でも面白い♪何話しても何を見ても 爆笑爆笑 。

  終いには寝てましたけどね・・・。



  みなさんごめんなさい。

  昨日バーで、

  いろんな人を指差して笑いながら、

  真っ赤な顔で、フラフラしてた 変なアジア人 は、



  ボクですっっっ!!


  えっ?そんなになるまで飲みすぎだって?

  いやいや、


  c0062582_19264414.jpg














  このグラス 二杯 ぐらいしか飲んでませんからっっっ (-。-)/

  (上のビール瓶、ソフトドリンクのペットボトルと同じくらいの大きさ)

  お酒にめっちゃ弱いのです。



  「そんなんで酔えるなんて、チープ な男やねっ!」

  ってよく言われるとです。


  ダメ留学生です・・・。

  ダメ留学生です・・・。

  ダメ留学生です・・・。
[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-04-28 19:28 | 大学生活

超正確体内時計!!


 みなさんは経験あるだろうか?

 小学校の夏休み、宿題や日記などの課題をギリギリまでやらず、

 最後の最後になって親に泣きついたことが・・・。

 恥ずかしながら、僕にはある。しかも1~6年生までほぼ毎年(汗)


 成長するにつれ、ちゃんと物事を考え、時間などを逆算できるようになり、

 そして後々のことを考えながら行動できるようになるのが普通である。

 僕もそうなる・・・・はずだったのに!!!


 先を考えて行動するということに、未だ苦労しております。

 この超正確に逆算可能な体内時計のせいでっっっっっっ!!


 これがやっかいなもので、

 この超正確な逆算を良い方向に使えればよいのだが、

 僕の場合は 「いかにギリギリまで粘れるか?」 っという事に集中するらしく、

 己の体力と能力、達成されるべき目標の難易度を無意識のうちに判断。

 そして、「まだやらなくて大丈夫だよ!」っという指令を

 勝手に脳に送ってしまうという、恐ろしい体内時計なのです (-。-)


 <実例Ⅰ>

 授業最後に提出しなければならない3000字のレポート。

 これは成績評価の課題であり、

 全体の60%もの成績をしめる大変重要なものである。

 今までにコレほど長いレポートを書いたことがなく、

 ましてやネイティブでもなく、他の留学生と違い英語すら危うい。

 もちろん、それを認知していた私は一週間前から取り掛かると決めていた。

 気持ちだけは・・・ m(-。-)m


 ここで私の体内時計がすばやく行動にでる。

 しかし正確な逆算を出すためには、少しばかり時間がかかるのだ。


 「まだまだやらなくても大丈夫。1週間もあるんだから。」


 「まだまだ平気だよ。あと5日もあるし。」


 「まだイケルって!あと3日あるじゃん!」


 そして、ここに来てようやく体内時計の計算が完了する。


 「あと2日しかないっ!今からやらないと締め切りに間に合わないぞ!」


 この指令を受けた私の脳は、大量のアドレナリンを放出しながら動き出す。

 ほぼ徹夜で。食事もろくにとらずに。

 書いては休憩し、書いては休憩をすること24時間。

 やっと半分書き終えた。


 締め切りまであと1日。そしてレポートの残りは半分・・・。

 ここにきて体内時計が珍しく、誤差が発生していることに気づいた。

 「ちょっとくらい休んでも、締め切りに間に合うぞっっ!!!」

 脳はこの情報を受け取り、私に少し長めの休みをとるように仕向けた。

 「この情報は、徹夜をして達成されるべき計算である。」

 っということを知りつつも・・・。


 ってことで今は休憩しながら、気分転換にこのブログ書いてます(笑)

 だったら早くやれよ!って感じですが、

 体内時計の判断にはさからえないのです (>_<)


 はぁ。この甘え、どうにかならないものか。。。


  
ランキング参戦中。←ちょっと宣伝(笑)
クリックしてもらえると嬉しいです。
見ていただける度に・・・ (-.-;)

[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-04-24 22:23 | 大学生活

英国でテニス。

c0062582_325504.jpg


  ・・・正直しんどいっす。キーボードを打つ手がプルプル震えてる(汗)

  友達と連れ立って、キャンパスにあるコートにテニスをしにいったのだけど、

  ほとんど休憩ナシで4時間もプレイし続けるというのはちょっと無茶だった。

  2人でやってるだけだから、ず~っと動きっぱなし★

  こんなに運動したの小学生のときにやってたサッカーいらいだよっっ!!


  大学のテニスコートなのだけど、予約もいらない、お金もいらない、

  それでもってコートが6面もあるのだからさすが英国やなぁぁぁ♪

  周りはきれいに刈られて芝生が広がり、とても気持ちが良かった (>_<)

  みんな試験がせまっているせいか、誰もプレーしてなかったから更に快適!


  一緒に行った友達は人生で1度しかテニスをしたことがないらしく、

  今回が2度目。マイラケットを買ってやるきまんまんであった。

  ・・・ってか、こわいっすよ。このお兄さんこわいっすよ。

  背は高いし、金髪の混じった髪は剃りこみ入ってるし (M字ハゲとも言う)

  さらにアゴヒゲもたくわえちょるのですわ。

  いつもはメガネで温和そうなんだけど、今日はまぶしかったのか、

  おもむろにサングラスをかける。


  金髪、剃りこみ(M字ハゲ)、あごひげ + サングラス = ヤンキーや!!


  ヤンキー・・・外国人やからギャング?マフィア?ちっくな面持ちに変身。

  ってか、黒いスーツを着たら、ぜったいに、

  マトリックスの エージェント そっくりや!!

  声をかけたり、挑発したりするのをちょっとだけ、ためらう自分がいた(笑)


  バトミントンは彼と何度かやっていて、うまいのは知っていたのだけど、

  テニスもめっちゃうまいやないですかっ!ほんとに2度目なんですか!?

  ってくらいうまかった。何よりもサーブがありえん勢いで飛んでくる。

  僕はヘタレなので下からのサーブしかできないのだけど、

  彼はバシバシ上から打ってくる。才能なのだろうか。

  飛んでくる玉も、形がちょっと変形しながらカーブしてるし (-。-)


  ちょっと練習して、あとはゲームをしてみることに。

  これがなかなかの好勝負で、お互いにブレークをなかなか許さず、

  おかげで1セットフルゲーム×4セットをこなしたとこで、お開きになった。

  ドローってことにしたのだけど、無性に悔しかった。

  ゲーム中、いっちょ前に 「F@ck!!」 「Shit!!」 など連呼していた僕です。

  傍から見たらへんなアジア人やったんやろなぁ。口を慎まねば。


  コレだけ疲れたら最近生活リズムの崩れから悩んでいた不眠症も

  どっかいっちゃってスッキリ寝れるだろう♪♪♪って思ってたのだけど、

  ・・・エッセイ書かなきゃいかんじゃんorz

  と、言うことに気づいて更に寝れない予感。

  3000文字中の180文字しか書いていないのですわ(鬱)


  
ランキング参戦中。←ちょっと宣伝(笑)
クリックしてもらえると嬉しいです。
見ていただける度に・・・ (-.-;)

[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-04-23 04:02 | 日常生活
c0062582_113476.jpg


  ポカポカで幸せですワ~♪

  外はとても心地よいけど、部屋に差し込む光はあっついあっつい★

  冷房がないこの部屋・・・夏どうなるんやろかぁぁぁ。

  ってそんなに暑くなんないのかなこっちの夏は!?


  最後の授業もあと4日後にせまって、エッセイを書くいっぽうで、

  帰国する前にもう一度旅行に行こうと計画していました。

  んで、今日とったチケットがドイツのミュンヘン行き (>_<)

  人気の観光地と言うだけあって easyjet でも往復84ポンド、

  最初見たときは60ポンドくらいやったんけど、値上がったよぉぉぉぉ。

  ミュンヘンには2日間しか滞在しなくて、

  残りの3日間はフュッセンという小さな街ですごすことにしました!

  この街は近くに、ディズニーランドのお城のモデルになった、

  ノインシュヴァンシュタイン城があって、それを見るのが今回の目的です。

  はっきりいって、日本人観光客ばかりらしい ← ミュンヘン出身の友達談。


  去年の2月に大学の研修で行ったオーストラリア。

  初めての海外経験だったのに、あれから1年ちょっとの間に、

  オーストラリア 4週間。

  イギリス 9ヶ月間。

  フランス 2日間。

  イタリア → スイス → スペイン 8日間。

  デンマーク → スウェーデン → ドイツ → エストニア 6日間。

  そして今度の ドイツ 5日間。

  いつの間にか10ヶ国の地を踏み、いろいろな街を見ることができました。

  多くの滞在先では、過ごしたのが数時間~数日間と短く、

  (バスで10時間かけて行ったコトや、1日で4ヶ国を訪れたことも・・・)

  詳しく見ることはできなかったけど、街の雰囲気は楽しむことができた。

  気に入ったところは一生かけて、今度はのんびり回るつもりです(笑)


  もしミュンヘンや、フュッセン行かれたことがありましたら、

  ぜひおすすめの場所など教えてくださいな m(-。-)m


  
ランキング参戦中。←ちょっと宣伝(笑)
クリックしてもらえると嬉しいです。
見ていただける度に・・・ (-.-;)

[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-04-22 01:46 | 日常生活
c0062582_5185613.jpg


  2004年9月11日。シンガポール経由でイギリスへ飛び立った。

  あれから7ヶ月ちょっと。もうすぐ日本へ帰るときがやってくる。


  8年前、僕がこうやって海外で生活しているなんて考えもしなかった。

  中学生だった僕はいわゆる 「ひきこもり」 だった。

  学校へ行くのが嫌になり、そして怖くなり・・・自分でも何故かわからない、

  ず~~~~~っと家に閉じこもっていた。3年間も。。。

  毎朝、家まで迎えに来てくれた友達。

  毎日のようにヨーグルトをもって顔を見に来てくれた先生。

  見守ってくれてた両親。

  それでも僕は学校へ行かなかった。


  きっかけは単純。夜中見ていたビルボードという音楽番組。

  そこで流れていた SAVAGE GARDEN "The Animal Song"

  今まで音楽にまったく興味がなかったのだけど、

  この歌が妙に好きになった。そして洋楽を聞くようになり、

  英語にも興味を持つようになった。彼らの言葉を理解したいと。


  それから 高校 → 大学 へと進んで、

  交換留学 + 奨学金をもらえることになった。

  中学を卒業してからは、一度も休まなかった。

  そして今ここにいる。


  人生どうなるかわからんとです。不思議なものや。

  ってか、まだこれからやけどね(笑)

  う~。レポート3000字。まだ手をつけてないや、月曜日提出なのに★


  
ランキング参戦中。←ちょっと宣伝(笑)
クリックしてもらえると嬉しいです。
見ていただける度に・・・ (-.-;)

[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-04-21 05:47 | 日常生活

寮での留学生活。

c0062582_21373190.jpg


  僕が住んでいる寮は一つの大きな家みたいになっていて、

  それが何個ものフラットに別れているというユニークなつくり。

  その大きな家が10棟以上あり、一つの村みたいな感じだ(笑)

  たいていは一つのフラットに5~6人が一緒に生活している。

  シャワー・トイレ・キッチンは共同で、掃除はクリーナーが毎週きてくれる。

  僕の住んでいるフラットは少し特殊で、

  2つのフラットが、キッチンを通してくっついているのだ。

  もちろんキッチン・トイレ・シャワーすべて、それぞれにあるのだけど、

  お互いのフラットを自由に行き来きできるし、

  キッチンで過ごすことが多いので、12人で生活をしているようなものだ。

  国籍もさまざまで愉快なフラットメイトたちである (>_<)


  My flatmates - - - - - - - - - - >

  ・ジョシュ ♂ (イギリス)
    「超」 お酒好き!自分でもラビッシュ(ゴミ)という英語の発音は、
    3回ほど聞き返さないと僕は理解できない(汗)
    ときどき部屋から叫んでいる声が聞こえる、ハイテンションの持ち主。
   
  ・ザイオン ♂ (スリランカ)
    プログラミングを勉強している。他のフラットでご飯を食べてくるので、
    めったに見ることがない超レアな存在☆
    暇があれば映画を見るらしく、よく僕の部屋にDVDを借りにくる。

  ・キーラ ♀ (アイルランド)
    歌がめちゃくちゃうまい女の子。僕の隣の部屋に住んでいる。
    機嫌がよいとアイリッシュダンスを踊る。
    ときどきすすり泣く声が聞こえるのは気のせいだろうか・・・。

  ・ジャック ♂ (ベトナム)
    超お金持ちっぽい・・・兄弟3人こちらの大学で学んでおり、
    母親はベトナムで5星ホテルを所有している。
    そして親父が乗ってる車と同じといって指差すのはベンツSクラス☆

  ・シュテファン ♂ (ドイツ)
    一番の仲良し。食べ物にかける執着心は半端じゃない。
    新鮮、生産地、生産方法にこだわる。オーガニックという言葉が大好き!
    でも、料理ができない本人。牛乳入りのチャーハンを作る野郎です。

  Other flatmates - - - - - - - - - - - >

  ・ジェフ ♂ (ナイジェリア)
    ネガティブに事を考えるのが悪いクセ。とても勤勉で料理も上手。
    お酒が入ると血が騒ぐのか、ダンスで見事な乱れっぷりを見せてくれる。
    ブドウが好きで、いつも一粒ちょうだいと言ってくる。

  ・キャロライン ♀ (オランダ)
    ちょっと米倉涼子に似てる気がする(?)、金髪のお姉さん。綺麗です。
    とても涙もろく、映画を見るといつも涙する姿が印象的。
    腕を組み、二人歩いたあの夜!忘れませんっ(笑)←ただの酔っ払い。

  ・ユーコ ♀ (日本)
    途中から引っ越してきた日本人の女の子。大学を卒業しており、
    英語を学ぶために留学しにきたらしい。お酒にめちゃくちゃ強い!!
    ビール6パイント(3ℓ)飲んでも顔色ひとつ変わらない・・・おそるべし★

  ・クリス ♂ (イギリス)
    ムードメーカー。お酒が大好きで、何本ものボトルを部屋に忍ばせる。
    泥酔し暴れ、警察に連れて行かれるということも!?
    世界各国に住んでいた経験をもち、日本にも3年ほど滞在していた。

  ・ベッキー ♀ (イギリス)
    他の女の子と比べて小さく、僕と同じくらいの背格好(汗)
    だけどラグビーの選手という女の子・・・服のえりはいつもたってます!
    よく他の女の子とキスしている姿を見るのだけど。。。

  ・アニー ♀ (イギリス)
    彼氏と部屋で同棲中。名前が難しくて覚えれない。
    あまり話したことがなく、ちょっと不思議な存在である。


  こんな感じの仲間に囲まれて楽しく生活しております。

  あ、ちなみに名前は仮名です。考えるのに30分もかかりました(笑)

  ホームステイもよいと思うけど、

  寮でいろんな人に囲まれて暮らすっていうのも楽しいですよ♪


  
ランキング参戦中。←ちょっと宣伝(笑)
クリックしてもらえると嬉しいです。
見ていただける度に・・・ (-.-;)

[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-04-20 22:46
c0062582_3514182.jpg


  今日も晴れじゃん♪っと意気揚々とフラットメイトと散歩してきました。

  いつもは自然豊かなところを散策することが多いのだけど、

  今回はオックスフォードの大学巡りをしてきました (>_<)


  学生の街で知られるオックスフォード。

  かの有名なオックスフォード大学というのは、実は一つの大学ではなく、

  カレッジと呼ばれる大学がいくつも集まったもので、

  総称して 「University of Oxford」 と呼ばれる・・・らしい。

  友達は39ものカレッジがあるって言ってたかな!?

  僕のあいまいな知識よりも、詳しいことを知りたいという方は

  町にある 「Oxford Story」 というアトラクションをオススメします!!

  遊園地のお化け屋敷にあるような小さなカートに乗って、

  当時の世界を再現した館内を回るというものです。

  日本語のガイドもあって、オックスフォードの歴史を聞きながら、

  ロウ人形たちが勉強してる姿を見ることができます(笑)

  ちょっと不気味で、ある意味ほんとにお化け屋敷なのかも (-。-)


  街を歩いてみると、いろんなカレッジがあちらこっちらに。

  たいていは一般に公開されておらず、中を見ることができないのですが、

  実はカレッジの中・・・すごい綺麗な中庭がいっぱいあるんですっっ☆

  こんなすばらしいのに公開しないのがすごくもったいないと思うのだけど、

  まあ、勉強するところですからね。


c0062582_4163944.jpg


  その中でも、上の写真のクライスト・チャーチなどは

  時間が制限されていますが中を見学することができます。

  今回は入ることできなかったけど、

  このカレッジは 「ハリー・ポッター」 の食堂 (?) のシーンで使われた事や、

  多くの著名人が学んだことで有名です。

  どこのカレッジかはわかりませんが、Mrビーンのローワン・アトキンソン、

  ブリジット・ジョーンズのヒュー・グラントもオックスフォードの学生でした。


  一日あれば街を回ることができるので、大学巡り・・・おすすめします♪

  ロンドンから 「Oxford TUBE」 と呼ばれるバスで1時間半~2時間だしね。

  
  
ランキング参戦中。←ちょっと宣伝(笑)
クリックしてもらえると嬉しいです。
見ていただける度に・・・ (-.-;)

[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-04-20 04:40 | 観光

ヴァージン・M!!

c0062582_4455561.jpg


  今日は久しぶりに青空になり、太陽の光をいっぱい浴びることができた。

  午前中は散歩がてらTESCOまで買い物に行き、午後から授業へ。

  ビジネスの授業だったのけど、

  いつもと違う先生 (以下D氏) で、とても面白くて皆笑いがとまらなかった。

  下ネタが多かったんだけどね(汗)

  こちらの大学にはユーモアにあふれる先生が多く、

  知らない間に授業に引き込まれていく。

  生徒達の反応もダイレクトで、面白ければ笑いが多く、ツッコミも入る。

  みんな真剣に聞いてるのがよくわかる。

  一方で、つまらなければ居眠りをするし、質問への反応も悪い。

  先生いわく、中にはキスをしだすカップルもいるのだそう。


  そんなD氏は大手CDショップ、ヴァージン・メガストアの

  プロモーション・ディレクターとして働いていた経歴を持っていて、

  今日の授業はサー・リチャード・ブランソン氏の奇抜な発想や、

  彼自身の経験談を交えて、マーケティングやプロモーションについての

  理解を深めるというものだった。

  
  それにしてもヴァージン・メガストアの店舗はすごい。。。

  フランス・イタリア・スペイン・ドイツ・イギリス・・・

  スライドで各国のお店を見せてもらったのだけど、

  すごく規模が大きく、デザインがとても洗練されている。

  中にはお城みたいな建物丸ごと一つCDショップなんてことも (-。-)


  その中の一つ、イタリアのお店の話。

  イタリアでは法律で日曜日にCDショップは営業できないそうな。

  そこで彼らは考えた。営業できるようにすればどうすればよいのか?

  何なら日曜日に売ってもよいのだろうか?

  その答えはドラッグストアのようなお店だった。

  薬・香水・コンドームなどなど・・・

  このようなものを扱うお店は営業することが可能なのだそう。

  そこでCDショップの一角に小さなドラッグストア(?)を開き、

  晴れて日曜日にも営業できるCDショップを完成させたのだ☆


  ここで笑えるD氏のエピソード。

  営業を始めてから少したったころ、サー・リチャード・ブランソン氏が

  店頭を訪問しにやってきた。そこで一言・・・

  「もっとコンドーム販売に力を入れてほしい。

   君、今度イギリスから我が社のコンドームを400個もってきなさい。」

  ・・・どうやらヴァージンはコンドーム業界にも参入しているらしい。

  先生はそんなこと全然知らず、驚いたらしいのだけど、(僕も知らんかった)

  次の出張のときに運ぶことになったらしい(笑)

  「でもさ、よく考えてみてよ?コンドーム運ぶことくらいなんてことないけど、

   妻が、出張行くのに400個ものコンドームを

   一生懸命スーツケースに詰め込んでる夫の姿を見たらどう思う?」

  「税関でチェックされたときも・・・ 持ち込むのはコンドーム400個ですね?

   滞在目的は?滞在期間は?って聞かれたんよ。

   もちろんやましいことしてるわけじゃないから、ちゃんと答えたんだけど、

   滞在期間4日間って答えたら、

   係員の人がニヤニヤしながら、 肩をポンポンってしたんだよね(鬱) 」


  文章だとうまく書き表せないけど、こんな感じのことを話してて、

  とてもおもしろかった。英語だとなぜか面白く聞こえる気がする。

  ノリがよいというか、サラサラって言うというか・・・。

  他にも面白いエピソードがたくさんあったのだが、書ききれないのが残念★

  D氏、最後はマイケルジャクソンの真似までしてました (-。-;)

  
  笑いのたえない授業。

  授業が終わったときには、自然と生徒たちから拍手が起こった。

  おもしろいって学ぶ上で大事だなと感じた今日でした。


  
ランキング参戦中。←ちょっと宣伝(笑)
クリックしてもらえると嬉しいです。
見ていただける度に・・・ (-.-;)

[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-04-19 06:04 | 大学生活
c0062582_19575532.jpg


  いえぃっっ!週末デイ♪

  ってことで、昨日もフラットメイトたちとご飯を食べることに。

  でも女性陣やブリティッシュたちはクラブに出かけてしまってるので、

  ドイツ人の友達と3人でのんびり夕食。

  さてさて、そのメニューはと・・・チャーハン2種類にサラダだけ (>_<)

  男の料理ってこんなもんです★

  一人ひとりが、じゃ~これ作るわみたいな感じで一品づつ。

  ちなみに僕が作ったのは左側のチャーハンです。

  右側のチャーハンは僕のを見よう見真似でドイツ人が作ったもので、

  ナゼか 「 牛乳 」 入りです(汗)

  他のブログの方々のような、おいしそうなご飯が食べたいでっす(涙)


c0062582_19581682.jpg


  もちろん、ドイツ人といえば・・・ビールですっっっ♪

  買い物の帰りに、ちょっと古ぼけた酒屋に入ったところ、

  ドイツのビールを発見!買ってきました。

  だけどお金払うときに、怖い顔をした店員に10秒くらいじ~っと顔を見られ、

  「おまえ、何歳だ?」

  って聞かれるしまつ。あの・・・もう二十歳なんですけど。。。

  僕の髪型のせいですか? (-。-:)

  最近やっとビールをおいしく感じるようになってきた今日この頃。

  でも相変わらずお酒に弱いので、

  このグラスの半分くらいで酔いが回ってきます。いや、ホントに。


c0062582_19583163.jpg


  あ~だこ~だ話しながら、何本かビールを開けて、みんな酔っ払いに。

  キッチンでキャッチボールやバレーをしてはしゃいでました☆

  言っておきますが、手前の人は僕じゃありませんので。

  いくらを切られたからって、ここまでは・・・。

  帰ってきた他のフラットメイトたちがびっくりするくらいに暴れたあと、

  映画を見て眠りにつきました。

  よく朝、またもや筋肉痛・・・僕の体どうなってしまってるんやろか。



  
ランキング参戦中。←ちょっと宣伝(笑)
クリックしてもらえると嬉しいです。
見ていただける度に・・・ (-.-;)

[PR]
# by naomichi_desuyo | 2005-04-17 20:05 | 日常生活